タイ旅行へ出発!出入国手続きや飛行機の時間について

タイ旅行へ出発!出入国手続きや飛行機の時間について

いよいよタイ旅行へ出発!1日目の記録です。

本記事では、日本を出国してバンコク経由でプーケットに到着するまでの流れを書いていきます。

具体的な出入国手続きのやり方やフライト時間などについても書くので、「タイに着くまでの流れが知りたい!」という人はぜひ読んでみてくださいね😊

時系列はこんな感じです。

  • 8:30
    成田空港到着
    タイ国際航空のカウンターでチェックイン。荷物検査をして出国審査。

    タイ国際航空チェックイン

  • 10:50
    日本出発
    離陸。フライトを楽しむ。

    日本からバンコクへ

  • 15:20
    バンコク到着
    バンコクのスワンナプーム空港でプーケット行きの飛行機に乗り継ぎ。入国審査。

    バンコクでプーケットへ乗り継ぎ

  • 16:45
    バンコク出発
    プーケットへ向かう。1時間半程度のフライト。

    スワンナプーム空港からプーケット国際航空へ

  • 18:30
    プーケット到着
    プーケット国際航空に到着。ミニバスで予約したコンドミニアムへ移動。

    プーケット国際航空でミニバスを予約

  • 21:00
    宿泊先到着
    コンドミニアムに到着。しばらくして外に出て近くの屋台で夜ごはん。
    プーケットの屋台でごはん

では、どんな流れでプーケットに到着したのか、詳しく書いていきたいと思います。

目次

成田空港到着!チェックイン&手荷物預け→荷物検査→出国審査

彼氏と初めての海外旅行で、出発前日はワクワクしすぎてあまり眠れないまま家を出ました。

成田空港発の飛行機だったので、途中の駅で待ち合わせして一緒に成田空港に向かうことに✈️

わたしの家の最寄りの駅や乗り換えの駅ではエレベーターがないので、スーツケースを持ち運ぶのに非常に苦労しました…

スーツケースはできる限り軽くしておくに限ります。(彼からのアドバイス)

今準備中でスーツケースに入れるものを迷っている人は、実際に持って行ってよかったもの・これはいらなかったなと思ったものをまとめている記事もあわせて読んでみてください。

関連記事 【女性向け】タイ旅行に行く時のおすすめ持ち物リスト

「成田空港 第一ターミナル南ウィング、タイ国際航空カウンターにて、ご自身でチェックインしてください。」と航空券を購入したサプライスのマイページに書いてあったので、第一ターミナルの方で駅を降りて南ウィングの方へ向かいました。

こちらが駅を降りた時の様子。

成田空港第一ターミナル方面改札

第一ターミナルと第二ターミナル、どちらに行くのか間違えないように注意

表示があるので、迷うことはほとんどないと思います。

成田空港第一ターミナル方面

「国際線出発」の方面へ進む

国際線出発と書かれている方へ歩いて行きます。

成田空港第一ターミナル南ウィング

「国際線出発ロビー(4階)」と書かれている方向へ向かいます。

成田空港国際線到着

歩いていくと、「チェックインカウンターご案内」と書かれている表示があるので、それを見て該当する航空会社のカウンターへ向かいます。

チェックインカウンターご案内

チェックインカウンターに書かれているアルファベットのところへ行く

タイ国際航空を探してみると”F”と書いてあったので、早速Fのカウンターへ向かいます。

タイ国際航空のカウンターでチェックインして、スーツケースを預ける

タイ国際航空のカウンターはこんな感じです。

タイ国際航空チェックインカウンター

最近はチェックインが便利に!

パスポートとeチケットを用意して、手前にある機械でチェックインします。

タイ国際航空チェックイン

よくわからない場合はスタッフさんを呼ぼう

少しでも困っている様子があると、すぐにスタッフさんがやってきて手伝ってくれるので安心してください。

パスポートの読み取りがうまくいかなかったり、何かしらスムーズにいかないこともありますが、その時はスタッフさんに聞きながらやれば大丈夫です👍

チェックインを済ませると、チケットとスーツケースに貼るシールをもらえます。

自分で貼らなくてもあとで係の人がやってくれるので、それを持って奥の列に並び、スーツケースを預ける準備をします。

液体は持ち込み制限があるので、機内手荷物の方に入れてしまっている場合は、忘れずにスーツケースの方に移しておきましょう。

化粧品などは忘れがちなので注意です⚡️

スーツケースを預けたら、荷物検査と出国審査を行います。

荷物検査と出国審査へ向かう

荷物検査は本当にあっという間です。

PCやスマホ、バッテリーなどがあればバッグから出して、機内に持ち込む手荷物を機械に通して、それで終わりです。

そのすぐ後に出国審査があります。

荷物検査を終えて入国審査へ

出国審査では、好きな列に並んでパスポートとチケットを見せます。

特に難しいことは何もないので、普通にチェックを受けて通過すればOKです。

もし時間があれば、自動化ゲートの登録をすることをおすすめします。

登録は、出国審査の横にあるカウンターで用紙を書いて指紋を取るだけなので、混んでいなければ5分程度で終わります。

自動化ゲートは、人にチェックしてもらう審査と違って、パスポートと指紋さえあれば通過することができます。

列に並ぶのがめんどくさい人、入国審査をできるだけスムーズに済ませたい人はぜひ登録してみてくださいね。

関連リンク 自動化ゲートでラク旅宣言! | 成田国際空港公式WEBサイト

大韓航空のラウンジでのんびりしながら飛行機の時間を待つ

出国審査を済ませたあとは、ごはんを食べたり買い物したりしながらのんびり待ちます。

わたしはいつもマクドナルドに行ったりてきとうにゴロゴロしてたのですが、今回は彼の案内で大韓航空のラウンジに行ってみました。

大韓航空のラウンジ入り口

大韓航空のラウンジ入り口

該当するクレジットカードやプライオリティパスがあればラウンジを利用できる

空港ラウンジには2種類あります。

一つはクレジットカードを提示して入ることのできるカードラウンジ、もう一つは航空会社のラウンジです。

前者は該当するクレジットカードを持っていれば入ることができます。

空港ラウンジが無料で使えるクレジットカードについては、以下の記事をチェックしてみてください。

関連リンク 空港ラウンジが無料で使える、おすすめのクレジットカード2018!国内だけでなく海外空港でもビジネスラウンジが使えるカード多数です。

後者は、その航空会社の常連になるか、プライオリティパスというものを使って入ることができます。

プライオリティパスが発行無料なクレジットカードについては、以下の記事を参考にしてみてください。

関連リンク プライオリティパスを無料発行可能な、おすすめのクレジットカードまとめ!海外主要空港のビジネスラウンジを無料で使おう。

今回は彼が空港ラウンジに入れるクレジットカードを持っていたので、その同伴として一緒に入りました。

ただ、場合によっては同伴は無料ではなく有料となるので注意が必要です。

フリードリンクと軽食の種類が豊富

大韓航空のラウンジはとても綺麗で、しかも飲み物と軽食がすべて無料でびっくりしました。

わたしはラウンジ自体に入ったことがなかったので、

るか

ラウンジってこんな感じなんだ…!

ととってもワクワクしました。

小腹を満たすのにちょうど良いサイズのきつねうどんもありました。

大韓航空のラウンジにあるミニきつねうどん

ちょうど良いサイズのきつねうどん!

靴を脱いでゴロゴロしながらきつねうどんを食べているわたし。

空港ラウンジでゴロゴロしているところ

楽しくてはしゃいでいたらあっという間に飛行機の時間が近づいてきたので、ラウンジを出てゲートに向かいました。

いよいよフライト!機内食とおつまみ・アイスが美味しい…!

いよいよバンコクのスワンナプーム空港に向かって出発です。

タイ国際航空は初めて乗ったのですが、とても居心地が良く、出てくる食べ物がすべて美味しくて感動しました…!

シートの色合いがとても可愛い

乗ってまず思ったのは、

るか

色合いが可愛い!!

ということ。

座席の色が紫とピンクに統一されていてすごく可愛かったです✨

タイ国際航空の機内の座席が可愛い

すっごく可愛い!!

なんというか、機内に入っただけで、まだ日本なのにタイっぽさを感じられて、すごく素敵だなと感じました。

空も澄んでとても綺麗✈️

日本からバンコクへ

出てくる食べ物が全部美味しい!

最初に出てきたのが、柿の種やおかきなどのおつまみ。

タイ国際航空の軽食

思いの外とても美味しくて、パクパク食べてしまいました。

次に出てきたのが、機内食。

タイ国際航空の機内食は美味しいという噂を聞いていたので、ひそかに楽しみにしていました。

ポークカレーとチキンの何かとどちらか選べるよと言われた(たぶん)ので、ポークカレーでお願いしました。

そして出てきた機内食がこちら!

タイ国際航空の機内食

この機内食、噂通り本当に美味しかったです。

まだタイに着いてないのに、カレーを一口食べただけでもうタイの気分になりました💗

お蕎麦もサラダもパンもケーキも、全部美味しかったです。

前に旅行した時なんかは機内食はほとんど食べないのが普通になっていたのですが、今回は美味しくてほぼ完食でした。

これから乗る人はぜひ楽しみにしていてください!おすすめは断然カレーです✨

それから機内が暗くなって、寝るモードに。

またしばらくして起きたら、今度はアイスクリームが配られました。

美味しい食べ物がいっぱいで幸せ…!

タイ国際航空で配られたアイス

この時は抹茶味のアイスクリームでした。

そんなこんなでお腹いっぱいになったところで、スワンナプーム空港に到着です。

スワンナプーム空港に到着

街が見えてきました!

スワンナプーム空港に到着。乗り継ぎの時に違う方に行かないよう注意

飛行機を降りたら、バスに乗って空港の入り口まで行きます。

スワンナプーム空港のバス

乗っている時間はだいたい5分くらい

スワンナプーム空港、外から見るとなんだか不思議な形をしていておしゃれです。(下の写真の真ん中に見えるのが空港の外観👇)

スワンナプーム空港

空港の入り口に着いたら、プーケットの乗り継ぎの方へ向かいます。

“Arrival”の方へ行くとバンコクに出てしまうので注意しよう

わたしたちはこの時一度間違えて、バンコクに出ようとしてしまいました。

“Arrival”と書いてある方に並ばないように気をつけてくださいね。

スワンナプーム空港出国

何も考えずに彼と何か面白い話をしながら並んでしまったので、海外旅行の時は気を抜かないように気をつけないといけないなと思いました。

たくや

あれ?もしかしてここじゃない?
え?ほんとに?

るか

と話し合っていたら前に並んでいた女性が教えてくれて助かりました💡

こうしてプーケットへの乗り継ぎの方へ移動することに。

結構歩きます🏃

プーケットへの乗り継ぎ1

歩く歩道を乗り継いで…

バンコクからプーケットへの乗り継ぎ

左上の”Transit”という表示に沿って歩けばOK

しばらくずーっと進んでいきます。

出発のスケジュールとゲートを確認しておく

たしか荷物検査かチケットのチェックがあったと思うのですが、ここで何をしたか忘れてしまいました…

とにかくサクッと何かチェックを終わらせたら、今度はプーケット行きの飛行機のゲートや時間を確認します。

こんな掲示板があるので、該当する飛行機を探します。

プーケット乗り継ぎの飛行機のスケジュールをチェックする

わたしたちの時は出てくるまで少し時間がかかりました。

ゲートと時間がわかったら、あとはのんびり待ちます。

ポケットWiFiを日本から持ってきている場合は良いのですが、そうでない場合は、空港のフリーWiFiを利用してスマホを使いましょう。

例えばわたしの時は、.@AirportAISFreeWiFiというものを使いました。

名前やパスポート番号、電話番号などを登録すれば、一定時間(少なくとも2時間)使えるようになります。

空港のフリーWiFi

乗り継ぎではSIMカード契約やWiFiレンタルなどはできないので、こうしたフリーWiFiを使ってインターネットに接続してみてくださいね。

バンコクに着いてしばらくすると、iPhoneの時刻がバンコクのものに自動で切り替わります。

…のはずなのですが、わたしはなぜか切り替わらなくて、彼氏だけ切り替わっていて、ちょっと困りました。

なんとなく、時刻が合っていないと気になりますよね。

そんな時は、以下のやり方で試してみてください。

  1. 設定→一般→日付と時刻を選択する。海外旅行でのiPhone時刻設定の仕方
  2. 自動設定をオン⇄オフで切り替えてうまくいかなければ、その下の時間帯を選択する。海外旅行でのiPhone時刻設定
  3. 「バンコク」と検索して選択して完了。海外旅行iPhone時刻設定

これで時刻設定をすることができるので、ぜひ試してみてください。

バンコク→プーケットへのフライト中に出るサラダが美味しい

フライト時間が予定より少し遅れていたのですが、無事飛行機に乗ることができました。

ただ、タイ国際航空では国内線の座席指定はできないので、彼と離れてしまい少し寂しかったです😢

バンコクからプーケットの飛行機の時間は、約1時間半です。

るか

さすがにもうおやつ的な何かは出ないかな…?

と思っていたら、来ました!

タイ国際航空機内食のサラダ1

お水とサラダです。

タイ国際航空機内食のサラダ2

サラダがあまり好きでなくてもパクパク食べられる美味しさ

サラダは正直あまり好きではないのですが、食物繊維足りてないなと思ったのと、ドレッシングに少し興味があったので食べてみると…

るか

美味しい!!

となりました💗

ドレッシングがピリッと辛くて、やみつきになる感じです。

あのドレッシングがあれば永遠にサラダが食べられる気がしました。

サラダに感動しているうちに、あっという間にプーケットに到着です。

プーケット国際空港に到着!

プーケットに到着したら、少しだけやることがあります。

わたしたちがしたことを簡単にまとめておきます💡

荷物を取って出口へ。スーツケースが出るところの近くにいるのがおすすめ

まずはバゲッジクレームで荷物を受け取ります。

プーケット国際空港のバゲッジクレーム

彼に言われたのですが、できるだけ荷物が出てくるところの近くで待っていた方がいいらしいです。

他の人が持って行ってしまうということが起こらないように、念のためということでした。

たしかにそういうこともないとも限らないので、気を抜かないで自分の荷物を待っておいた方が良さそうです。

現金を両替。ATMでクレジットカードやキャッシュカードを使っての現金引き出しもできる

バゲッジクレームのすぐ近くに両替できるところもあるので、タイのお金のバーツを持っていなければ、ここである程度替えておいた方がいいです。

プーケット国際空港現金両替

このあとタクシーやミニバスを使って宿泊先に行くなら、すぐに必要になります。

日本円を渡せばバーツに替えてくれます。

すぐ横にATMがあるので、それを使ってキャッシング機能のついたクレジットカードか、海外で引き出せるキャッシュカードを使用することで、バーツを引き出すこともできます。

プーケット国際空港のATM

タイ語、まったく読めない…

関連リンク 海外ATMの操作方法

上記のATMは最初タイ語でわかりにくくて苦労しました…

英語や日本語への切り替えはできたはずなので、探してみてください。

あと、「Please Enter Your PIN」と出たら、PINコードを入力したあとに「Then press here」と書かれているところを選択すれば先に進むことができます。

大前提として、クレジットカードを使用して現金を引き出す場合、キャッシング機能を使えるようにしておく必要があります。

わたしも念のため、楽天カードのキャッシングを使えるように設定しておきました。

関連リンク クレジットカードで現金調達!?海外ATMでお金のおろし方!

キャッシュカードを使用して現金を引き出すなら、表示を確認することが必要です。

銀行のキャッシュカードの裏面を見て、CirrusやPLUSのマークが付いている場合は、海外の提携ATMが利用できます。

引用元 海外で日本のキャッシュカードを使う

屋台などでは現金のみの取り扱いになるので、ある程度の現金を持っておいて、あとはクレジットカード払いにして、現金がもし足りなくなったら上記のような方法で引き出すと良いです。

持っていく現金をいくらにするか迷っている人は、以下の記事も読んでみてください。

関連記事 タイ旅行のお金事情。現金はいくら必要?クレジットカードは使えるの?

現金を手に入れてから、出口を出ました。

プーケット国際空港出口

SIMカードを契約してスマホを使えるようにする

出口を出てすぐ、小さなお店がいくつか並んでいます。

その中でも寄っておきたいのが、SIMカードを契約できるお店です。

いくつか種類がありますが、わたしたちは「true move H」というところに寄りました。

プーケット国際空港でSIMカード契約

SIMカード契約は10分くらいで終わる

true move Hは、日本で言うdocomo、au、Softbankなどの大手キャリアの一つです。

WiFiのルーターを契約することもできますが、帰りに返さないといけないのと、SIMカードに比べると割高(レンタルWiFiは1日600〜1,000円前後で1日の通信料に制限があり、ルーターが近くにないと使えないのに対して、SIMカードはいつでもどこでも30日間10GB使い放題で約2,800円)なことを考えると、SIMカード契約の方がおすすめです。

「やり方がよくわからない…」「ちゃんと契約できるか不安…」という人は以下の記事も読んでみてください。

関連記事 タイ旅行でスマホを使う方法。プリペイドSIMカードかレンタルWiFiがおすすめ(★記事準備中)

意外と簡単にできます。わたしたちの時もあっさり終わりました。

ミニバスの手配をする

宿泊先へ向かう準備が整ったら、これもまた空港の中にあるミニバスやタクシーを手配できるお店に行きます。

プーケット国際空港でミニバス手配

呼び込みされると思うので、流れで好きなところへ行きます。

値段はこんな感じです。

プーケット国際空港でミニバスかタクシーを手配

彼氏は以前タクシーを使ったと言っていたので、せっかくなら違う方にしてみようかということで、ミニバスを選びました。

わたしたちはパトンにあるコンドミニアムを予約していたので、1人180バーツ(日本円で約600円)の支払いになります。

合計360バーツ(約1,200円)の支払いをしたら、こんなチケットを受け取ります。

ミニバスのチケット

これを持って空港の外へ出ます。

ミニバスでコンドミニアムへ。タクシーとミニバスどっちがいい?

プーケット国際空港の外に出ると、こんな感じになっています。

プーケット国際空港出口

多少暑いけど、風が吹いていて気持ちいい!

歩いていったはいいものの、ミニバスがどこに来るのかわからない…と迷っていると、「ミニバスはあっちだよ」的なことを教えてくれた人がいました。

それに沿って歩いていくと、「タクシー ミニバス サービス」と書かれたカウンターを発見!

プーケット国際航空からミニバスでコンドミニアムへ

ベンチを指差し、「あのへんで待ってて」と言われたのでのんびり待っていました。

ミニバスが来るまで、40分以上は待っていた気がします。

タクシーとミニバスどちらにするか迷う人もいると思いますが、特に理由がないなら、タクシーを使うことをおすすめします。

なぜなら、ミニバスは結構疲れるからです。

他に一緒に乗る旅行者が少ない場合はまだ良いかもしれませんが、多い場合、狭い車内で他の人とかなり近い距離感で乗ることになります。

わたしたちは後から乗ったので、席の関係上彼と前後になってしまって、体格の良いおじさんとぴったり奥の席でくっついて乗りました。

パトンまでだと1時間くらいかかるので、ずっとそのままの状態でわりときつかったです💦

旅行疲れもあるので、タクシーが無難な選択だと思います。

あと、道路がうねっているところがあって揺れる場合があるので、酔いやすい人は酔い止め必須です。

また、これはミニバスとタクシーどちらに乗ってもあるイベントなのですが、途中ツアー会社に寄って強制的にみんな一度降ろされます。

プーケットに来たならツアーに行かないか?ということで勧誘されますが、興味がなければ「No」と言い続ければ大丈夫です。

しばらくしたらまたみんな車内に戻って、目的地に向かいます。

こうしてミニバスでゆらゆら揺れながら、やっと宿泊先のコンドミニアムに到着しました。

宿泊先に到着!荷物を置いて夜ご飯を食べに外へ

宿泊先は、「The Deck Condo Patong(ザ・デック コンドミニアム パトン)」というコンドミニアムです。

プーケットのザデックコンドミニアム

コンドミニアムは、キッチンや洗濯機など、生活に必要なものが備えられた宿泊施設のことです。

ホテルよりも普通の住環境に近いような場所だとイメージしてください。

今回は彼がAirbnbを通して予約してくれたのですが、Booking.comからも予約ができるようです。

部屋自体が綺麗なのはもちろん、大きなプールがあったり、ジムが併設されていたり、とても素敵なところでした✨

写真とあわせて以下の記事で詳しく紹介しているので、よかったら見てみてください。

関連記事 プーケットパトンビーチ近くの「The Deck Condo Patong(ザデック コンド パトン)」に泊まった感想

到着した時には疲れていましたが、2人ともお腹が空いていたので、近くに出て夜ごはんを食べに行くことにしました。

ザ・デック コンドから出て左にしばらく行くと、道路の向かい側にお店がずらーっと並んでいます。

置いてあるメニューを見ていると「入って!入って!」みたいな感じで強めに勧誘されるので、その勢いに任せて一つのお店に入ってみました。

料理の種類がたくさんあって迷ったのですが、とりあえず彼はたくやヤムクンを頼み、わたしはチャーハンにし、もう一つイカと野菜の炒め物を頼みました。

これがどれも美味しくて、びっくりしました。

プーケットで食べたたくやヤムクン

エビがゴロゴロ入った贅沢なたくやヤムクン

プーケットの屋台でごはん

こちらもエビがゴロゴロ入ったチャーハン!味が濃くて美味しい

イカと野菜の炒め物

味付けがシンプルなのに美味しい!

特にイカと野菜炒めが予想よりもずっと美味しくて、手が止まりませんでした。

これら3つあわせて、だいたい2,000円ちょっとくらいです。

満たされたわたしたちは、すぐ近くにあるファミリーマートに寄って水を買って帰りました。

プーケットに無事到着してひとまず安心

1日目はこんな感じで過ぎました。

コンドミニアムに着いて疲れてそのまま寝ちゃうかなあと思っていたのですが、少しでも外に出てタイの雰囲気を味わうことができたので良かったです。

「明日は何しようか?」と彼となんとなく相談しながら眠りにつきました😪

彼とタイにいるのが不思議な感じがして、現実感がなかったです。

1日目からとても楽しかった…!💗

2日目は、彼がプーケットで一番大きなショッピングモールに案内してくれました。

関連記事 プーケットで一番大きなショッピングセンター「ジャンクセイロン」に行ってきた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA